忍者ブログ

LAPISのニュートラルライフ

ニュートラル思考・美的感覚・自由発想。 小さなことにおもしろさを。深刻さは笑い飛ばす。 こだわらないことがこだわりの、変人目線的自己満足ブログ。

AED講習を受けてみて

先週は、年に二日だけある 店舗の全休日でした。


しかし、お店の営業はなくても、私たちは 休みではないむかっ


各担当セクションの清掃も含めて、避難訓練や 救命措置の訓練などが あるのだパー


二年ぶりの AED訓練。


座敷に集合して、傷病者に見立てた お人形を相手に、救命処置をするのだ。


救急救命士の方の お話が上手で、とても 興味深く、そして集中して受講できた。


一通り説明を受けたら、早速実践あるのみひらめき電球


お風呂場で倒れる方は、年間結構な件数で発生するので、気合を入れて臨む。


倒れている方に呼びかけをして、応答のない場合、


「あなた!119番通報してください」「あなたAED持ってきてください」と 必ず


近くの方を指をさして、具体的に指示を出すことが大切目


気道確保して、呼吸確認を 10秒間。


呼吸がなければ、人工呼吸。


そしてすぐに、胸骨圧迫。30回。


一番大事な点が、『心臓マッサージ』である 胸骨圧迫。


とにかく、意識がなく、呼吸がない場合、酸素が脳にいかなくなる事で


その後社会復帰できる確率が ぐんと低くなるということなのです。


まだ、血液の中にあるわずかな酸素を 人工的に送ってやることで、


とにかく、ポンプの役割を果たし続けること、これが 一番重要だと 救命士の方は 力説DASH!


今、通報から到着まで、救急車の平均到着時間は、七分だそうです。


とにかく、七分間もたせること。


AEDの機械は、勝手に手順を音声でガイダンスしてくれるので、そのとおりにすればいい。


ショックをかける時に、人が触らないようにすること!!


救命士の方の、時折ジョークをまじえながら、しかし 日々緊迫している現場での


経験談を話してくださりながら、


『救命措置は、善意です。義務ではない。しかし、やらずに後悔するよりも

やるべきことをやるという 勇気の元に取り組んで欲しい。何もしなければ、

目の前の人は、確実に死にます。それならば、何かをやって、たとえ命が助からなくても、

責められるという事は、絶対にありませんから。

勇気を持って、心肺蘇生にあたって欲しい』と


強くおっしゃっていたのが、印象的だった。


私も何度か、わが子の発作で救急車を呼び、

今の勤務先でも、脱衣所で倒れているお客様を 介抱し、

何度か緊急の場に、立ち会うことがあった。


だからこそ、大切なこと。

目の前の人を 助けたい。

その気持ちが自分を奮い立たせることを 確信して、


この仕事を 続けていこうアップ

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

一般社団法人サードメディスン・プロジェクト認定サロンです。
HN:
田中ルリ子
年齢:
53
性別:
女性
誕生日:
1964/10/16
職業:
アロマアドバイザー
趣味:
ドライブ、カフェめぐり、散歩、美術館めぐり
自己紹介:
サードメディスン・プロジェクト
セラピスト歴12年。母校スクールリフレクソロジスト養成非常勤講師、併設院内サロンやエステサロン勤務を経て現在フリーランス。自宅サロン運営&アロマショップスタッフをしています。

管理人よりご挨拶

北陸・福井市在住。アロマが生業のフリーランス。ニュートラル思考で生きる毎日をつらつら綴っています。

LAPISのツイッター

日々のどうでもいいつぶやきあり。

アーカイブ

LAPISのInstagram

暮らしのヒトコマ
Instagram

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

フリーエリア

Copyright ©  -- LAPISのニュートラルライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]