LAPISのニュートラルライフ

ニュートラル・審美眼・自由。 小さなことにおもしろさを。生きてるだけで丸儲け的な 超マイペースな気まぐれブログ。

「聴くこと」の意味

パソコンが復活して、何とかブログが 書けるようになりました。


あー、良かったあせる


ところで、昨日は、たくさんのクレーマーさんが 来店する日だったのです。

不思議と、重なるんですよね。そういう人が来る日って。


でも、クレーマーさんが来店して、ずーっとフロントでごねている最中は、

わたしは 休憩中でした。

食事を摂り、持ち場に戻ると、まだその方は、社員相手に ごねている叫び


しかし、

その方は、以前よくうちの店に 来てくださっていた 常連さん。

このところ、姿が見えないなぁ・・・と 思っていた方でした。


その方はいち早く、私を見つけて

手招きをします。


「こんにちは、ずいぶんと お久しぶりですね。どうなさったのですか」と

声をかけると、

なんとその方は、ろれつが回っていません。


どうやら、脳梗塞をわずらって、しばらく 足が遠のいていたようなのです。

後遺症も残ってしまっていたらしく、

自分の思いが うまく伝えられず イライラされているうえ、

自分の辛さが わかってもらえない 悔しさから

わがままを ずーっと 40分以上も 続けていたようなのでした。


「買いすぎてしまった、入館利用回数券を 払い戻してほしい」


これが、お客様の言い分です。


結論は、それは 不可です。

しかし、ただ単に「できません」の答えだけでは、その方は納得しませんでした。


そこに流れていた 空気は、

若いスタッフの 暗黙の「早く帰ればいいのに・・・」

「言ったってしかたないことなのに」

「規則なんだから、無理でしょ」という

暗黙の 拒否。

もちろん、そんなことは、口には出しません。


でも、ご高齢のその方は、敏感にキャッチなさって 引こうとしないのです。

そう、小さな子供がわざと

お母さんが忙しいときに、手を煩わせて、気を引くような行為、そのものでした。


このような時、

対応する人間が代わると、状況が好転する場合があります。

そのお客様も、自分の言い分をひっこめる タイミングを失った可能性がありました。

そこへ、知った顔の 私があらわれたのですから、

渡りに船、という感じでしょうか。


ずっと立ち話状態だったようなので、

まずは椅子に腰掛けていただきました。

そして、今までのご様子を聞きました。

それから、ご不満を聞きました。


「このお姉ちゃん〔当社社員〕が、話を聞いてくれないんだよ」

「(回数券は) 手をつけていないから、このまま お金だけ返してほしいんだよ」

「僕は病気になっちゃって、体が不自由になっちゃったから、なかなかお風呂入りに

来られないんだよ」


スタッフによれば

同じ話をエンドレスで 言い続けているとのことでした。


以前に比べて、滑舌も悪くなり、ろれつも 回らない

時々短気になって、私の手をたたいたりします。

でもなんだか、その方の「悲しいよ。つらいよ。わかってよ」という

こころの声が 痛切に聞こえて来たような 気がしました。


払い戻し云々ではなく・・・


気がつくと、その方は立ち上がり、下足ロッカーのほうへ 歩き出していました。

私もそのまま、ついていきました。


「また、お越しくださいね」

「いやだ。もう来ない。からだが つらいから」

「そうですか。では、辛くない時に、お顔を見せて くださいね」

「わかんないよ。もう来ないかもしれないよ」

「そうですか。でも お待ちしてます」


そういうと、その方は、まるで 小さな子供にするように

私の頭を ポンと 軽く たたきました。


「わかったよ。気が むいたらね」


来店してから 一時間20分が、経過していました。


スタッフの間には、安堵のため息が 漏れました。

若い人たちには、なかなか わからないこと・・


私には、遠くない未来。

少し、お客様の気持ちが 分かったような 気がしていました。


目の前におきている現象は、

真実はひとつだけではなくて

その方の心の中に、何が起きているのか

そこまで、寄り添うことができたら・・・と


強く思う 出来事でした。


ペタしてね


 

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
田中ルリ子
年齢:
53
性別:
女性
誕生日:
1964/10/16
職業:
アロマアドバイザー
趣味:
ドライブ、カフェめぐり、散歩、美術館めぐり
セラピスト歴12年。母校スクールリフレクソロジスト養成非常勤講師、併設院内サロンやエステサロン勤務を経て現在フリーランス。自宅サロン運営&アロマショップスタッフをしています。

管理人よりご挨拶

北陸・福井市在住。アロマが生業のフリーランス。ニュートラル思考で生きる毎日をつらつら綴っています。

LAPISのツイッター

日々のどうでもいいつぶやきあり。

アーカイブ

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログ内検索

フリーエリア

Copyright ©  -- LAPISのニュートラルライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /