忍者ブログ

LAPISのニュートラルライフ

ニュートラル思考・美的感覚・自由発想。 小さなことにおもしろさを。深刻さは笑い飛ばす。 こだわらないことがこだわりの、変人目線的自己満足ブログ。

カテゴリー「若さゆえ」の記事一覧

無鉄砲は若さの特権

120313_053933.jpg
早朝5:50頃の東の空。マーブルっぽいですね。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

おはようございます。

福井発 ニュートラルセラピスト 田中ルリ子のブログへようこそ。

今朝もご訪問 ありがとうございます。


おとといの日曜日、急に息子(横浜在住)が帰ってきました。

ガチャガチャっと鍵が開いて…トントントントンと二階へあがってくるなり「やぁ」と

いつも帰ってくる人みたいに突然現れるというパターン。

寅さんかよ。って感じですが。

「何?どうやって帰ってきたの?」

「車」

「はぁ?!」

「レンタカー。それも 。エンジンぶっ壊れるかと思った。

高速走ってて」

「ふーん、それで今日はどうすんの?」

「これからこのまま京都行く。そんで、髪の毛切ってもらう」この時点でもうすぐ昼なのです。

「・・・・・・。月曜日休みなの?」

「ううん、普通に学校だよ(小学校体育教師です)」

「・・・・・」

無鉄砲と言うか、無計画なのか、ますます糸の切れた凧状態になっています。


まぁ、横浜から福井まで高速で550キロくらいですが、さすがに日帰りは、それも軽自動車で

京都経由はきついと思いますが。一日で日本列島縦断?くらいの移動距離。

ふと、私の若い頃を想いだしたりしました。

私も免許を取得してすぐ20代の初めは、あちこち遠出しました。

運転が好きだったのもあり、日帰りで東京から仙台まで往復とか、長野や上諏訪など

思いつきで 一応計画的に動けるようプランを立てて、日帰り旅行を楽しんでいました。

それとは真逆で、わが旦那様はとにかくプランニングの鬼。

絶対に無理はしないし、無鉄砲とは無縁のお方です。

息子はどっちに似たかは、火を見るより明らか

チャレンジング精神は大いに買ってやりたいと思いますが、その分失敗も多いと思うので、

親の立場となった今は、予測が可能なだけにかなりハラハラしてしまいます。

自分のことは平気なのにね~。

私もいっぱしの親なのだな・・・とあらためて思ったりして

「あんまり無茶しなさんなよ」と言うのがせいぜい関の山です。←あまり説得力なし

私も若いもんには負けてられません。ってそんな年でもないけど。

各地今日も寒いのでしょうか。温かくして一日お出かけくださいね~(^O^)



最後まで読んだよの合図に、宜しかったらクリック お願いします(^O^)
人気ブログランキングへ
PR

指摘してもらえること


空港勤務の頃の写真。下は身分証明書に使っていました。
まだ目が奥に引っ込んでいないですね。ははは。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

みなさま おはようございます。北海道は今年ものすごい積雪のようですね。

昨年の福井を想いだします。あまり降りすぎるといくら雪国でも生活がマヒします。

ほどほどがいいのですが。本日もご訪問 ありがとうございます。

さて

冒頭の画像。ずいぶん昔の写真で恐縮ですが、今日はその頃の話を。

短大を卒業して社会人になり、羽田空港で案内業をしていました。

その時にさまざまな教官から接遇マナーや接客スキルを叩きこまれたのですが、

勤務していて一番こたえたのが、「チャームカルテ」なるものでした。

多分それは、航空会社で当時採用されていた客観的に外見を診断して自分の弱点を

克服する・・いわば、イメージコンサルのようなものだったと思います。

それを当時の勤務先も応用して、新人研修やフォローアップ研修に使用していました。

四交代のシフト勤務で動く職場でしたので、同シフトは8人から10人のグループ。

新人から10年目のベテランの先輩までが同じチームとして動いていたので、

さまざまな研修はいつもそのチームで関わっていたのです。

本人以外の先輩後輩含めた全員から、その人にあてて無記名で外見上の長所や

治すべき短所などを忌憚なく鋭く指摘する・・という趣旨のものでした。

8人くらいの方から、「私」に対してさまざまな意見を頂戴する。そこには思わずへこむ内容も。

20歳そこそこのぺーぺーですからね、散々書かれましたよ。ほんと。

「ロビーを歩く姿が美しくない。もっと腰から歩くように」
「コンタクトレンズが合わないのでは?いつも血走った眼をしているのが気になる」
「なんだかいつも焦っている。優雅さがない」
「電話の声ががなり立てていてうるさい」
「言葉尻がきつい」
「早出の時、髪の毛が乱れている。生活態度を改めよ」
「化粧がうすすぎる。もっと案内接客と言う仕事を意識せよ」

などなど・・・。他にもたくさんありましたが、あまりのショックで忘れました。(ノ_・。)

くーーーーーっ(T▽T;)  言われ放題でした。

親や身内以外の人間に、ここまで言われたことはなかったので、かなりのショックで、

寮に帰ってから同期と泣きました・・・。ひーーーって。かわいいものですね。

しかし、今考えると、これは相当ありがたいことだったな・・と心から思えるのです。

こんなこと、なかなか指摘してもらう機会はないし、外見上のことならなおさら。

他にもチェック項目は山ほどありましたが、どれも今思い出すとうなづけることばかり。

若いうちはどんなことも吸収できて、なおかつ受け入れることも修正することもたやすい。

これを今やれ・・と言われたら、素直に受け入れられるかどうか・・と思います。

客観目線とは心が柔軟であることも必要ですし、ある程度冷静に自分を突き放してみることも

大切になってきます。こういうことを自然と若い時に学ばせてもらえた職場は本当に

有難い上、貴重な経験でした。もう27年も経つんですが。未だにまだまだの私です。

時々あの頃のことを想いだして、原点回帰もありだな・・・と思う今日この頃。

毎日を新鮮に過ごすために、何か取り組んでいることはありますか?

本日も悔いのない一日を お過ごしくださいませ(^O^)



人気ブログランキングへ最後まで読んだよの合図に、宜しかったらクリック お願いします(^O^)
人気ブログランキングへ


成人式に想うこと

120108_173047.jpg
福井17時30分頃の月の様子。すごい十字に光を放ってます。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

みなさま こんばんは。連休中日いかがお過ごしでしたか。今夜もご訪問 ありがとうございます。

さて

うちの地元 福井市の各会場では、本日が成人式だったようです。

昼過ぎに娘を学校に迎えに行く途中、大きな式典やコンサートが行われる会場の前を通ると、

成人式の帰りと思われる

ちょっとくだけた格好のあんちゃんたち( ̄▽+ ̄*)と、声高にしゃべりまくるお姉ちゃんたちが、

集団でたくさん歩いていました。なんか不思議ですが、男の子達は妙にいきがっていて、

女の子ははしゃいでる構図。成人になれた高揚感と解放感なのですかね。

昨今荒れた成人式の映像なども報道されますが、うーん20歳で成人認定は早い?

戦前・戦中生まれの方々と比べると、我々戦後~現在の生まれの人間は確実に幼児化

しているように思えます。これは自分も含めてね。5歳はマイナスでみたほうがいいかも。もっとかな?

若い・・というより・・幼い・・という表現が適当かな。いい意味ではフレッシュ。別の意味では未熟。

そんな目線で見てしまうのも、私が親世代で責任を感じるからかもしれません。

反面、自分の若いころを振り返れば、現代のハタチを悪くは言えませんがなー(゚_゚i)

ちょうど私の世代は「新人類」と揶揄され、大人たちから色眼鏡で見られていました。

「これだから、いまどきの若者は・・・」と常に言われて、猛反発していたその頃の自分。

時代時代でいろいろな言葉で表現されますが、いつだってまだまだの ハタチ。

そこらへんは大らかに見てあげないといけない場面もありますよね~。・・と庇ってみた。(・Θ・;)

うちも下の娘が2年後には成人式。はー、一応子育て一段落~の卒業式もやりたいo(^▽^)o

明日は連休最終日、そして満月ですね。お財布フリフリしましょか?

いい一日をお過ごしくださいませ(^O^)



人気ブログランキングへ最後まで読んだよの合図に、宜しかったらクリック お願いします(^O^)

クリスマスの想い出(19歳編 笑)

クリスマス・イブ yahooミュージックから画像お借りしました。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

みなさま おはようございます。12月いよいよ後半戦突入ですね~。

本日もご訪問 ありがとうございます。

さて

今日のタイトル 超個人的昔話なので、興味のない人はここでさよーならー

興味のある人は、どうぞ読み進めてください~

あれは1983年のクリスマス。まさしく、冒頭の画像、山下達郎さんの名曲「クリスマス・イブ」が

発売された直後の12月も残り少ない日。

私は相変わらず毎日毎日アルバイトの日々。短大が六本木というこんなところに学校があって

いいのか~というロケーションの中、バイト→ 短大→ バイトみたいな生活。

街はそれはそれはにぎわっていましたね~。バブルに向かっていく華やかな時代の幕開け。

その頃のの六本木なんて不夜城でしたよ。

その日はクリスマスイブ。何でこんな日に、私は一日中ハンバーガー売ってるんだ?ってくらい

売って売って売りまくりの一日。その日は当然、彼氏彼女のいるバイトの子はお休み希望。

シフトは薄いしそのくせ街は人であふれかえってるし、もうやけのやんパチ でしたわ。

10時間以上店に立ち(昔は労基法なんていい加減)、疲れて引きずるような体で事務所に戻り、

その時仲良しのバイト仲間の女の子がそこにいました。「あれ?〇ちゃん、今日デートじゃないの」

一瞬沈黙。「別れた」

 

よりによってこんな日に。おいおいっ 彼女、テーブルにつっぷした。ひえええええ

その時ついていたラジオから流れてきた曲。山下達郎新曲 「クリスマス・イブ」

おーい、なんちゅうタイミングなんだよおおお。みなさん、ご存知ですか?

あれは失恋の唄なんですよ~、恋人たちが新幹線のホームで再会する話ではないんです。
(知ってるっちゅーの)

それ、カセットテープの入ってたデッキだったので、彼女即録音ボタンを押す

それからは、ほぼエンドレスで二時間近く、聞いては巻き戻しそしてまた聴く~の繰り返しで

なんと19歳クリスマスに彼氏いない女2人がずっと向かい合っておんなじ曲を聴き続ける

ホラー映画のような光景

たまらずマネージャールームから出てきた社員さん「お前ら うるさい。もういい加減帰れ

おこられちった

でもね、その彼女その一年も経たないうちに素敵な彼氏が出来て、そしてその2年後には

その彼とご結婚 となりました~。そして 私もね人生なんてわからないものさ~。

達郎さんのこの曲聴くたびに、事務所の風景とか、あの時の六本木の華やぎとか、

「クリスマスく〇くらえ 」って思ってた当時の自分とか想いだして・・くすくす笑う私です。

みなさんもこんな濃ゆ~い想い出ありますか?ははは。

金曜日です、もうひと頑張り~。充実の一日を お過ごしくださいませ

昨今の婚活事情

111212_083031.jpg
私のセカンドリビングルーム   スタバのソファー席

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

みなさま おはようございます。本日もブログご訪問 ありがとうございます。

さて

昨日なにげなく、アメブロの記事→ http://news.ameba.jp/20111212-111/を見ていて

昨今の婚活も・・価値観の変遷を余儀なくされてる・・と思いました。

私の身近にも、年の差婚カップルはいますし、確かに多様性がありますね。

何だか「三高」なんて言ってた高飛車時代が 懐かしいやら切ないやらのバブリーおばさん

おっと、最近は昔話が多くなっていけない ← 思いっきりしてるじゃん

私は流行にのらないひねくれものですので 、「三高」ブームに背を向け、

「情に流され婚」をいたしましたが、っつか それが一番考えなしだよ

紆余曲折ありっぱなしでもう手が付けられないくらいの 山あり谷ありでしたが、

互いに成長し (忍耐・あきらめ ともいう。 いしし)どうやら来年には無事25周年を

迎えられそうです。← あくまでも予想   まー、よー続いたもんや

25周年ってなに婚式でしたっけ?50年は金婚式ですよね。何だかそういう記念日というものに

とんと疎い私です。当然、昔流行ってた「スイートテン」なるものも もらってません

ま、でも「あなたは私にとって、空気のような人よ。だって、空気がないと死んじゃうでしょ 」と

しーん。  ← この人にことあるごとに、言っとります、うふ(///∇//) 大事よねー、ルミ姉さんオスカル

ちなみに婚活中のあなたは是非 恋愛コーチ 橘ルミさんのブログ と

嫁入り道具はこれだ!!と断言の 整理力とお掃除のパーソナルコーチ miicoせんせのブログ

合わせて   チェックですぞ クリック!

では今日も一日 充実した時間を お過ごしくださいませ

あるソムリエの方との想い出


ワインショップのセラーにて。もっと奥には目ん玉飛び出る金額のワインも

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

みなさま こんばんは。今日もお疲れ様です。週末まであと一息ですね~、

ご訪問 ありがとうございます。

さて

最近飲食ネタばかりになっておりますが、 ネタ切れ  昔々の話しをば

会社員になりたての頃、接客を学ぶのもかねて、友人と旅行に行っていました。

もちろん、国内。職場の関係で、ホテルや飛行機代が安くなる福利厚生があったので、

年度の限度額ギリギリまで利用して出かけていました。

空港の案内業は、ホテル宿泊のクーポン券を発行したり、リムジンバス・航空保険など

サービスの販売も代理業として扱っておりました。なので、自信を持ってお客様を送客できる

必要性と、クオリティの高いサービスをじかに体験し、自らに落としこむ・・・という

大いなる目標も(野望)あって、長期休暇はバカンス半分仕事半分・・といった感じでした。

職場の上司や先輩からも常々「最高級のサービスを勉強せい」と言われていましたし・・。

年は21歳くらいだったかな。大阪のとある老舗高級ホテルに友人と宿泊しました。

成人して初めて、親や年上の人抜きの、自分たちだけでのレストランでのディナー

予約を入れる段階から、もう心臓が飛び出しそうなくらいの緊張感

時間通りにレストランに入店して、席に案内されてメニューを渡されるまでもドキドキ

よほど私たちのガチガチギチギチぶりが、目についたんでしょうね。

ギャルソンの方が、うちらのテーブルにだけは時間を長くとって説明してくださっていたような。

そして、ワインを一本注文しました。これも今思えば無謀ですよね~

マナーは本で読んだうろ覚え状態・・・。案の定、ソムリエの方から待った がかかる。

恥ずかし~ 「お嬢様がた、どうぞお手はそのままで。お注ぎするのは私たちの仕事です」と、

こちらに恥をかかせないように優雅に小声でテーブルまで来て下さり、それぞれのグラスに

注いでくださって。その時のそのソムリエの方が、とても親切でいい方だったのです。

テイスティングの仕方や、ワインの質の見極め、お料理とのマッチング、ワインリストの見方など

他にもいろいろ教えて下さいました もうありがたくて涙が出そうで、とても思い出深い

楽しいディナーを過ごすことができました。

そして帰り際、「こちらをどうぞ。今後これからいいワインを召し上がったときは、

我々にお申し出頂くと、このようにラベルをプレゼントできます。これはエチケットといって

これをアルバムのように貼って、収集する方もいらっしゃるのですよ」と渡されました。

あの時のもの、多分実家のどこかにスクラップブックにあるはず~

ほんと、小娘二人、なんとも身分不相応な爪先立ちディナーでしたが、あの時のソムリエさん。

忘れられません~。お名前、伺っておけばよかった・・・ 今から26年も前の話でした。

出会いは必然 ですね。

さ、明日は金曜日。もうひとがんばりで行きますか。素敵な一日を お過ごしくださいませ



美味しいものは・・・(+o+)


画像はウィキペディアよりお借りました。想い出のヴァシュラン・モンドール。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

みなさま こんばんは。街の中もクリスマスの香りが漂ってきていますね。

本日もご訪問 ありがとうございます。

さて

今から10年以上前の話です 

当時仲良くしていたご近所さんが、大のフランス通でして、ご夫婦ともに私より

かなり年下でしたが、フランスの食文化に詳しいお二人でした。

私もワインが好きなこともあり、お二人と情報交換をしながらいいお付き合いを

させていただいていたのです。

奥様がとても料理上手な上、ご主人は食品メーカーに勤務され、時々およばれに預かったり、

美味しい手作り品をいっぱいいただきました。

ある日、私は幼稚園の仲良しママに、さるお願い事をしました。

その園ママはレストランなどに食材を卸すお店を自営していて、イタリアンやフレンチのお店に

出入りしていたので、変わった食材も手に入れやすいとのことで、当時私は、

エキストラヴァージンのオリーブオイルなどを、リッター単位で注文して購入していました。

で、食材屋の彼女に「ボージョレヌーボーの出る頃に初出荷になるチーズがあるらしいの。

知ってる?もし仕入れることができたら、一度食べてみたいんだけど」と頼みました。

彼女は知らないとのことでしたが、業者に聞いてみるから待っててと言いました。

そのチーズと言うのが、冒頭の画像のチーズ。ウォッシュタイプのもの。

ワインやチーズに詳しい方ならもうお分かりだと思います ふふふふ・・・・。

それで仲良しのご近所さんに「ヴァシュランモンドールが手に入るかも。良かったら

半分こにして食べない?」と聞いたら、もう彼女は目を輝かせて「本当ですか 是非」と

二つ返事で承諾。あとは食材屋の友人の回答を待つだけでした。

ほどなく電話があり、彼女は言いよどむような雰囲気で。

「田中さん。手に入ったよ。実は今もうここにあるんだけど・・・。でも・・・でも・・

本当にいいの 」と聞くのです。私は喜び勇んで、「わかった じゃ、明日幼稚園でね 」と

言うと・・・、彼女「いや・・幼稚園には持っていけない・・。つまりね、すっごく クサイのよ」

彼女いわく、かなりの臭みを伴うので、冷蔵庫保存もすすめられない・・と。

ま、それでもブルーチーズくらいのもんだろうとタカをくくり、彼女には直接自宅まで

届けてもらうことになりました。そして翌日、ご近所さんとうきうきしながら待っていると。

現物を確認するまでもなく・・・玄関先で、悶絶パタン これは鮒ずしかそれともクサヤか・・ 

「だから言ったじゃない ほんとに大丈夫?」と友人。

優しい年下ご近所さんが「大丈夫です 主人が味は絶品だと言ってましたから。

私が自宅でカットして、密封してお持ちします 」と言って即持って帰ってくれました。

そしてその後、ぐるぐる巻きに何重もされ、密閉容器に入ったモンドールちゃん。

それでももう 漂う香り 

それから一週間、私は家族から冷たい目で見られることになりましたとさ 

みなさま、モンドールの保管にはご注意を  一か月は漬物のような発酵臭がとれませぬ。

肝心の味は~ もう最高  とろ~りとろけるその味わいとコクで重たいワインが進む進む

ご近所さんはとても絶賛してくれて、「来年も是非 」と言われたんだけど、

その年にご主人が転勤でお引越ししてしまい、もうそれ以降買わなくなってしまいました。

さすがにね。家庭平和のために、我慢です  12月の上旬になると、想いだすんだな~

モンドールのことを・・・。愛しや、モンドールちゃん 

朝はかなり冷えますね。体調管理きをつけて、明日もいい一日を お過ごしくださいませ 


 

子供時代の記憶

111128_111712.jpg
50歳を超えてもミニスカートを履こう~ ただ今修業中
けど足がよく見えないじゃん。うん、それでいいのだ。あれ

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

みなさまこんばんは。今日もお疲れ様でございます。

ご訪問 ありがとうございます

さて

冒頭の画像ね。注目は私の足じゃなくて、スカートの方ね

なんと40年以上前のものなんですよ。びっくりでしょ

母が若かりし頃、よく着ていたスエードのスカートで、

すその部分がギザギザになっている、遊び心いっぱいのデザイン。

多分、亡くなった父のデザインだと思います。父はファッションデザイナーでしたので。

「これ、ちょーだい  どーせもう着れないでしょ?」と太めの体型になってしまった

母から無理矢理奪ってきたシロモノ。

実は、母は30代から40代後半まで、42キロくらいしかなかったのです ひえーー。

今の私よりも全然細かった・・・ 身長はほぼ私と同じ。それが今では・・・

ま、それはどうでもよいのですが、服飾関係の仕事をしていた両親のもとで育ったので、

幼いころは、服はいつも母の手作りでした。妹とお揃いとか、デザイン違いの同じ生地とか。

ピアノの発表会のドレスは、母が何日も前から型紙をおこし、縫い合わせ、仮縫いを

何度も施し、時々針が体にささって、痛いよーなんて言って逃げ回って仮縫いを嫌がった

そんなこともありましたっけ。ミシンは工業用、家庭用、ロックミシンと三台あったし、

チャコとハトロン紙がいつも床に広がっていて、待ち針をうっかり踏まないように・・なんて

気を付けながら、母の作業を横目に本を読んでいたような記憶があります。
111128_164146.jpg111128_164300.jpg  
小学校低学年くらいかな。6歳からピアノを始めましたので、発表会のドレス。
全部母の手作りです。
多分小学校4.5年生だと思いますが、
父・祖母・妹と。母(一番右)は今の私に似てますか~当時30代後半ですね。


今ね、NHKの朝ドラ「カーネーション」やってるでしょ。あれ、見てると懐かしいです。

うちの旦那の母は美容師なので、あのドラマには洋裁と美容師のシーンが出てくるので、

夫と録画して夜に観ているんですが、何だか原風景をみているようでタイムスリップ状態。

ドラマの設定時代は違うんですが、互いの子供時代の空気感は一緒って感じで。

今考えれば、フルオーダーメイドなんて、超贅沢なことですよね

なのに子供時代の私は、それが周りから目立って浮いてしまうのが、嫌だったなぁ・・

人見知りの激しい子供でしたからね。ま、よき想い出です。

明日からお天気下り坂のようですね 体調管理気を付けて、お過ごしくださいませ

青春舞台2011


lapisのニュートラル・ライフ
ピグも変えてみました~。あ、でもこのスタイルは


変だよね~。秋バージョンにしなきゃひらめき電球



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



こんにちは、台風が去ったのかどうなのかまだわからない


感じの福井です・・・これ以上被害が大きくならないことを


祈ります。


本日もご訪問 ありがとうございます。



さて、


不安定な天気なので、この二日間は自宅にてのんびりと


過ごしておりますパー 本日娘の高校は文化祭。


9月に行事があると、毎度のことですが天気がとても気になって、


一喜一憂しますね。



今日NHKのEテレで 「青春舞台2011」という番組を観ました。


高校生の演劇の甲子園のようなものかな、全国大会の


ドキュメントですパー


各ブロック大会を勝ち抜いた高校が頂点を目指して臨む


大会のようでした。それを観ながら…私も一緒に涙を流したり、


感動したり、そして・・・自分の高校時代を想いだしたりしてました目



まぁ、今日の出場高校とは、まったくレベルが違いますが叫び


高校時代ESS部に所属していた私は、年間のメインの活動が


秋の文化祭に出演する「英語劇」の練習でした。


進学校だったので、活動の中心は2年生パー監督や演出・裏方などを担い、


メインキャストは1年生が演じるというスタイル。


3年生は時々、演技指導やトラブル処理、激励などにたまに


訪れる・・という感じで。夏休みがその準備に追われる時期でした。




今日の番組を観ていて、各学校の出場までのメーキング映像や


部員同士の意思の疎通の難しさなどもちりばめられながら、


番組は本番に向けての構成と進みます。


たった4人の部員で演目を行う高校から、10トントラックでセットを運び入れる


劇団さながらの高校など多岐にわたります。


フラッシュバックするような気持ちを感じつつ、内容に釘付けの私DASH!




高校時代、私は最愛の父を突然に亡くし、家族の気持ちがバラバラのまま


その3年間を過ごしました。勉強とバイトに追われる生活。


その合間を縫うように、没頭した部活動。大好きな英語を生かして、


活動できるというふれこみで、半ば強引に勧誘された部でしたが、


先輩方も優しくて、何より文化祭で経験した


「みんなで何かを創り上げること」という初めての体験が、


私の中に新鮮に残りましたチョキ


私の通った高校は、都立高校の中でも自由闊達な校風で


「自主自律」が校訓。制服も特に着用義務はなく、自己責任で何事も


行ってよい自由な雰囲気だったのです。その代り、勉強は今の時代のように


補習や課外などをしてくれるわけではなく、自分自身でやらなければ、


誰も助けてくれない、自由とともに「自立」「自律」が必要でした。


文化祭も3日間費やされ、演劇・発表部門は「豊島区公会堂」を


2日間借り切ってのゲネプロやリハーサル通しの本格的なもの。


文化部にとっては一年に一度の晴れ舞台なのですアップ



テレビの中でも出てきたのですが、部員同士の真剣さゆえのぶつかり合いや、


いさかい、言い争い・・。それも含めて私も経験済みで。


特に、2年で部長を務めた私は、その時にさまざまな葛藤や重圧に


悩み続けました。両肩にのしかかるプレッシャーや、個人個人の想い、


大学生のOB・OG先輩からの期待をこめた激励も。練習が思うように進まず、


今のようにクーラーなどない校舎で、暑さに朦朧となりながら、


大型セットを作り続ける日々、そして本番までの計り知れない不安感。


17歳で感じるには大きすぎるほどのプレッシャーでした。


演目は「ロミオとジュリエット」。いわゆる古典。それも全校生徒が聞き取れる


平易な英語で脚本を創り上げるという監督の役目、そして演出など。


今の私からなら、「よくやったよクラッカー」とエールを贈りたくなるほど


頑張っていた私でしたグッド! 過去のことだからね、自画自賛。



そんなことをなぞりながら、観ていたテレビ。


最優秀賞をとった高校の舞台が、ノーカットで最後に放送されました。


すごいアップのひとこと。


総合芸術でした。歌あり、演奏あり、場面転換なども絶妙で


私が観る限りノーミス、パーフェクト。高校生もここまでできるんだな・・と


しばらく涙が止まりませんでした。何よりパワーが素晴らしくて、


プロの舞台でも、こんなに入り込んで観ることはまれだなぁ・・と


感じ入った次第です合格


荒削りの若さって いいですねーー。すがすがしい思いで


今日のブログ、ちょい ながくなりました~失礼にひひ



来週もまた皆様にとって いい一週間に なりますように~ベル

プロフィール

一般社団法人サードメディスン・プロジェクト認定サロンです。
HN:
田中ルリ子
年齢:
53
性別:
女性
誕生日:
1964/10/16
職業:
アロマアドバイザー
趣味:
ドライブ、カフェめぐり、散歩、美術館めぐり
自己紹介:
サードメディスン・プロジェクト
セラピスト歴12年。母校スクールリフレクソロジスト養成非常勤講師、併設院内サロンやエステサロン勤務を経て現在フリーランス。自宅サロン運営&アロマショップスタッフをしています。

管理人よりご挨拶

北陸・福井市在住。アロマが生業のフリーランス。ニュートラル思考で生きる毎日をつらつら綴っています。

LAPISのツイッター

日々のどうでもいいつぶやきあり。

アーカイブ

LAPISのInstagram

暮らしのヒトコマ
Instagram

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

フリーエリア

Copyright ©  -- LAPISのニュートラルライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]