LAPISのニュートラルライフ

ニュートラル・審美眼・自由。 小さなことにおもしろさを。生きてるだけで丸儲け的な 超マイペースな気まぐれブログ。

~奇跡のレッスン 世界最強コーチとこどもたち~を視て

今朝は私にしては珍しく朝からテレビを視ていた。
それはある番組に目が釘付けになったから。

多分再放送だと思うが以前にBS1で放送されたであろう内容。
フットサル日本代表監督でスペイン人のミゲル・ロドリゴ氏と
一週間を過ごしたあるサッカーチームの子供たちとの交流ドキュメント。

これがもう何とも目から鱗がはがれ落ちまくりで。
親日家でも知られるミゲルは日本語もかなり理解できる人。
ジョークたっぷり。「僕は日本語も少しわかるよ。だから気を付けてね(笑)」

出会いから他チームとの試合の様子までの7日間。
灼熱の東京。初日の練習風景からミゲル氏は子供たちの心を
がっちりつかんで離さない。

「考えるんだ。大切なのは早く考えること。」
「失敗から学ぶことはたくさんある。だからミスを恐れるな」
「自分で考えて動くこと。結果が出ればそれは自信につながる」

ミゲル氏は決して彼らを叱らない。
ナイスプレーには気恥ずかしくなるくらいのオーバーアクションと
表現でほめたたえる。グラウンドでは常に「コミュニケーション!!」と叫ぶ。
曖昧なプレーや消極性が見えるとその場で練習を止め
子ども自身に考えさせる。そして自身で答えを引き出させる。
自分で出した答えを実行させてみる。そして笑顔でハイタッチ。

何人かの子供たちに順番にスポットをあて
その変化を、番組は忠実に追っていた。
ある子は自分からシュートを打てずチャンスを逃している。
一方、ある子はチームワークの意味がわからず苛立ち当たる。
それをミゲル氏はうまい具合に導きながら
それぞれの持ち味と能力を引き出し
子供たちとグラウンドを一緒に走りながら体を使って学ばせていく。

「ゴールデンエイジ」という年齢がある。
9歳から12歳くらいの子供たちの吸収力や成長度合いは桁違い。
取材対象の子供たちはまさにみなその年齢の子たちである。

日に日に変化し成長する子供たちに刺激されて
保護者も練習場に顔を出すようになる。
空き時間にはミゲル氏を囲んで子育て相談にも及ぶ。
そう、親も悩んでいるのだ。私もそうだった。
この番組は子供たちの奇跡の成長ぶりを紹介するだけではなく
大人であるチームの監督・コーチ、そして保護者たちをも巻き込んで
大きなうねりを呼んで行く、奇跡の物語。

懇親会での様子が親たちの苦悩を如実に表す。
何人かの保護者が直接、ミゲル氏に子育ての悩みをぶつける。
「日本の教育がまさにそうですね」とミゲル氏は何度も言う。
「ミスをしないように」
「安全な方法で行け」
「どうしてそんなプレーをしたんだ」など。

そう、叱責ばかりではもう何も考えなくなり
チャレンジもしなくなる。
そこから学べることが山ほどあるのに。
口の出し過ぎ、危険回避のし過ぎ。
このまま行けば、これからの子供たちはどうなってしまうのか。

これは大人のための番組だった。
そう、未来の大切な子ども達を見守っていくための。
そして私もかつてコーチングを受けていた時のことを思い出した。
人は何歳からでも成長できるという実証。
応援されること、見守られてチャレンジできること。
小さな成功体験の積み重ね。自己承認。無限の可能性
それはいくつになっても、可能なこと。

大切なことをまたひとつ、思い出すことができた。


プロフィール

HN:
田中ルリ子
年齢:
55
性別:
女性
誕生日:
1964/10/16
職業:
アロマアドバイザー
趣味:
ドライブ、カフェめぐり、散歩、美術館めぐり
セラピスト歴15年。嗅覚反応分析士インストラクター。アロマショップスタッフをしながら、東京・横浜・福井を拠点に活動しています。

管理人よりご挨拶

北陸・福井市在住。アロマが生業のフリーランス。ニュートラル思考で生きる毎日をつらつら綴っています。

LAPISのツイッター

日々のどうでもいいつぶやきあり。

アーカイブ

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

フリーエリア

Copyright ©  -- LAPISのニュートラルライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /