忍者ブログ

LAPISのニュートラルライフ

ニュートラル思考・美的感覚・自由発想。 小さなことにおもしろさを。深刻さは笑い飛ばす。 こだわらないことがこだわりの、変人目線的自己満足ブログ。

あれから半年 そして10年


lapisのニュートラル・ライフ-110911_063206.jpg

今から19年前の9月撮影。対岸にマンハッタン島。


電柱の後ろに見えるのが 世界貿易センタービルです。


左から妹、母、叔母、当時4歳の息子、私。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



おはようございます。残暑の戻りが激しい福井です。


日中は34℃の予想。


本日もご訪問 ありがとうございます。



冒頭の画像。


1992年9月に、身内の祝い事のため、私は当時


幼稚園に入園したばかりの息子をつれ、アメリカに渡りました。


妹がニューヨーク州の隣、ニュージャージー州に居を構え、


そこに遊びに行き、観光がてら


河ひとつ、橋ひとつ隔てたマンハッタンが目の前に見える


高層アパートメントから、毎日のように地下鉄に乗り、


摩天楼を満喫していました。



海外と言っても訪れたのはハワイくらい。


メインランドに足を踏み入れて思ったのは、


巨大な強い国、アメリカ。という印象。


以前の、怖い街ニューヨークというイメージは、当時のジュリアーニ市長の


政策もあって、かなり改善されており、


旅行者にも比較的安全な、特に危険を感じる・・ということはありませんでした。


税金や物価の高いマンハッタン地区に比べ、


ハドソン川ひとつ隔てただけのNJ州は、物価もそれほどではなく、


東京の中心部で言うなら、埼玉県や千葉県、神奈川県から通う


ビジネスマンのような立地で、暮らしやすそうな印象でした。



2001年 9月11日。


あの映像を見るまでは。



仕事の場として、マンハッタンに毎日のように通う妹夫婦たち。


その安否を確認できるまで、まる1日。


母は、妹と連絡がとれないと、混乱しており、


私も大きな不安の中で、連絡を待ち続けていました。


そして、福井に住む私の方に電話が先にかかりました。


首都圏に住む母にはまったく電話が通じず、


妹の方も、こちらが心配しているだろうと察して


ひっきりなしに電話をかけ続けていたようでした。


ようやく声を聴いて、体の力が抜けていく感覚を覚えています。



そして


2011年 3月11日。


東日本大震災。


東日本エリアに住む、私の数多くの友人・知人。


本当にいてもたってもいられなくて、メール、ネット、電話、スカイプ


ありとあらゆる通信手段を使って、安否を確認する日々が


続きました。


みんなが 同じだったと思うのです。


「無事でいて」「生きていて」


つながりたいと必死で思いました。



アメリカは、9.11以来、野球の試合の7回で歌う、


愛国心を讃える歌を、もう歌うのはやめようとしているそうです。


「悲しい記憶はいらない」と。


そうでしょうか。


日本人とアメリカ人の感情の違いでしょうか。


日本人は、その記憶を忘れない。


たとえば、原爆ドームは、その日から時が止まっています。


私は数年前、広島を訪れた際、しばらくドームの前でしばし


言葉をなくし、体感で味わいました。


「二度と起きてはならない、だから忘れないために」


残すのです。


忘れていってしまう、愚かな人間である私たちは、


いいえ、前を向くために、あえて覚えておく必要があるのです。


普通のことが、当り前じゃない。


日常の平和は、大変な奇跡の連続の中に 立っている。


今を生きている私たちは、それを後世に伝え続けていくこと、


それが大切な役割なんだと思います。


与えられて、生かされている命を貴重なものと受け止めて、


前を向いて 生きていきたいと思います。


2万人近い 多くの尊い魂のためにも。



今日という日を大切にして、素敵な一日をお過ごしくださいませ。


そしてどうかどうか 今も避難生活を送る8万人近い人々の


暮らしの平安が 戻ってくる日をお祈りしています。

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

1. こんばんは('-'*)

昨日 くせでrunaflowerって 書いちゃいましたm(._.)m

懐かしい写真ですね。しかもロングヘアー!どれが誰か だいたいわかりました。

10年前の9月11日、私の携帯には緊急ニュース速報として、単独で事故のニュースが入ってきました。
言葉を失いました。

半年前の3月11日は、被害はそれほどなかったものの、何度もくる余震の恐怖で、もう日本は駄目かもしれない…と思いました。
自分たちより大変な被害のことを知ったのは、翌日の夜でしたから。

心配してくれる人がいるのは、本当に有り難いことです。いつも少しの地震や水害などで 大丈夫?とメールをくださる気遣いが、本当に心強いです。
便利な世の中でも、電気がないと何もできないことを痛感しました。

最近北海道で地震多発してますね。どこで起きるかわらないから、これからも お互いに気をつけましょう。

最後に、この場をお借りして、被害に遭われた被災地の皆様に 心よりお見舞いの気持ちと、復興への祈りを捧げます。
  • from イケコ☆ :
  • 2011/09/11 (21:18) :
  • Edit :
  • Res

2. Re:こんばんは('-'*)

>イケコ☆さん
コメントありがとう。またもや私も学びを。

いつでも繋がれることに安心していた矢先、
停電でもないのに、ネットも電話もアウト。
フレッツにしたときに、停電になったら・・
災害になったら・・ということは、十分に
念頭に置いて、契約したのですが、
実際通信手段がダウンする経験は初めて。

被害のなかった私の学びです。
無関係ではないのですよね、どんなときも。
ライフライン、人の温かさ、すべてに感謝です。
その為にも備えも必要。

備蓄用のミネラルいウォーターが
2012年に期限切れだ。
もう・・・、早いなぁ、時が経つのは。
復旧はしても復興はこれからですものね。
長い長い目で、できる支援を続けましょうね。
  • from ニュートラル・ウーマン lapisfree :
  • URL :
  • 2011/09/12 (11:01) :
  • Edit :
  • Res

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

一般社団法人サードメディスン・プロジェクト認定サロンです。
HN:
TMP認定アドバイザー田中ルリ子
年齢:
52
性別:
女性
誕生日:
1964/10/16
職業:
リフレサロン運営・TMP認定アドバイザー・アロマショップスタッフ
趣味:
ドライブ、カフェめぐり、散歩、美術館めぐり
自己紹介:
サードメディスン・プロジェクト
セラピスト歴12年。母校スクールリフレクソロジスト養成非常勤講師、併設院内サロンやエステサロン勤務を経て現在フリーランス。自宅サロン運営&アロマショップスタッフをしています。

管理人よりご挨拶

北陸・福井市在住。英国式リフレクソロジーとアロマアドバイザーをの仕事をしています。こちらのブログでは公私の目線から感じる日々のよしなしごとをつらつらと書いています。

09:00 - 17:00

自宅サロン 月曜定休 

完全予約制・前日までのご予約

女性専用

080-1956-6332

 

朝枠9時~

昼枠14時~

スタート時間はあくまでも目安です。

ご希望は遠慮なくお知らせ下さい。

 

LAPISのツイッター

どうでもいいこと呟き注意。

LAPISのInstagram

どうでもいい画像満載、笑。
Instagram

お問い合わせメールフォーム

サロンご予約・ご質問などにご利用くださいませ。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

フリーエリア

Copyright ©  -- LAPISのニュートラルライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]