LAPISのニュートラルライフ

ニュートラル・審美眼・自由。 小さなことにおもしろさを。生きてるだけで丸儲け的な 超マイペースな気まぐれブログ。

カテゴリー「ぼやき」の記事一覧

残念ながら・・

111210_224335.jpg
ははは。。。朝からすみませんの、なんじゃこれ画像

UFOの飛来ではありませんよ

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

おはようございます。皆様の地域は昨晩の天体スペクタクル楽しめましたか

本日もご訪問 ありがとうございます。

さて

福井は夕方まで晴れてたのに、やはり雨雲ちゃんが垂れ込めて

おまけに雷まで 鳴りだして、皆既月食始まるころにはもう、

お月様はすっぽりと隠れてしまってました。

何度かベランダに出て、見上げてたんですが、やはりこれ以上は無理…と言う感じで、

他の方のサイトの連続写真を見ながら、ほぅ、こんなに欠けたか・・赤くなってる・・などと

PC見ながら観月。仕方ないのでもう寝るかな・・と一か八かもう一度ベランダに出たら。

  雲の切れ間が一瞬あって、そこから三日月状のお月様が

わーいと思って写メったら、冒頭の映像  まーしゃーないですわ

天体ショーを楽しまれた方、今日は暖かくして日曜日をお過ごしくださいね。

私もゆるりと過ごします~。まったり日曜日、おっとお仕事の方は元気で行ってらしゃいませ

ちょっとあわてんぼうでは?


友人のピグ部屋へいってみました~ 勝手に撮影

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

みなさまこんばんは。ちょっとちょっと寒すぎやしませんか~

今日は一日ブルブルしておりましたよ。

本日もご訪問 ありがとうございます


さて、

今日は一日PC作業デー  目が・・

あまりの寒さに手がかじかむかじかむ

いやぁ、ちょっとそんなにあわてて寒くならなくても

今ね、セッション部屋に置く、ヒーターを探しているのです

昨年までは、ファンヒーターを使っていたのですが、やはりにおいが

気になるし、空気は綺麗なほうがいいしね

昨日、家電量販店に見に行ったのですが~

欲しい遠赤外線のパネルヒーターは、結構大型のものが多い。

それに展示品はやはり種類が少なくて

軽くて薄くてじんわりと温かい・・・

ネットでも探しているのです。どなたか「これいいよ~ 」という

ご推薦の品、ありませんでしょうかね

一応、目星はつけてるんですけど。

何だかあまりに早く寒くなってきたので、

ちょい焦り気味  ま、気長に探そうっと

明日は少し暖かくなってほしいですね~

どうしたらいいんだろう

私は月曜日から金曜日は、とあるスーパー銭湯の


フロントのお仕事をしています。


新規オープンしてからのスタッフなので、私自体はこの仕事、


丸三年以上続けています。


フルタイムの勤務になってからは、約二年。


しかしなかなか、思うように行かないことが、ままありまして・・・。


お客様に良かれと思ってするサービスが、


お客様からはそう思われない・・・ということも、しばしば起きます汗


そんな時は、悲しい気持ちと、怒りの気持ちと、半々・・。


今日も、


「いちいち、うるさいのよむかっ」と 言われてしまい・・・。



私は、接客の仕事が長いのですが、


近頃は、「言いがかり」に近いクレームが、増えている気がしてなりません。


世の中を反映しているのか、


私達に怒りをぶつけることで、


その人が自らのプライドを保とうとしているのか、


時々どうにもやりきれなくて、呆然としてしまいます。


「いろんな人がいますよねぇ」と、同僚と慰めあいながら、


その場をやりすごす・・・しか方法がみつからない。


目の前に起こることには、全て自分に責任がある・・という考えが、


私の心の中に、駆け巡ります。


帰宅してまで、職場でのことをひきずることは、


ここ最近あまりなかったのですが、


今日は何だかとてもつらいクレームが 集中した日で、


のどの辺りが、詰まった感じになっています。


日に、のべ何百人というお客様と、接する私達は、


怒鳴られても、


次のお客様には、笑顔で受付しなければなりません。


その切り替えの大変さ、並大抵ではないのです。


私達も生身の普通の人間ですから、


叱り付けられて、傷つかない人はいません。


こちらに非があれば別ですが、


お客様の精神状態のはけ口に、


明らかにされているな・・という時は、


理不尽だな・・とつらい気持ちで一杯になります。


目に見えない「感情」を扱う仕事に関わっていると、


自分の感情をないがしろに、してしまう時があります。


フロント係の仕事をしている時の私と、


セラピストの仕事をしている時の私は、


おのずと切り替えていると思うのですが、


「人」の「心」に踏み込むだけに、


自分の根っこの想いが、麻痺する時があるのです。


「自分の本当の気持ちがわからない・・・」


しばしば、私が落ちる トラップです。


サービス業の難しさを、感じてしまう出来事に出くわすと、


「どうしたら いいのだろう・・」と、いつも考えてしまいます。


ある人は、職場の人間に愚痴って発散すればいい、と言います。


共感してもらって、慰めてもらえばいいと言います。


でも私は、それが何より私には一番難しい。


それをうまく手放すことができたなら、


楽に仕事できるんだろうな。


まあ、一晩寝れば、


たいていの事は 乗り越えられるんですけど。


慣れちゃったから。


でも、この「慣れ」も、よくないかもなぁ~と 内観してみる私です。


ペタしてね

さすがに・・・

セラピスト職人 lapisのバランス生活-100126_112747.jpg


ひきこもりはきつくなってきました。でもまだ私も人に感染させる可能性がないともいえないので、あまり人ごみに


は出てはいけないと外出は自粛。。ですが、昨日は娘の担任の先生から、学級閉鎖中の宿題やら課題やらを取


りに来てくださいと言われ、高校まで受け取りに。


その帰りに、高校の隣の いつも私が参拝する神社で、静謐な時間をひとときだけ。


境内には誰もいなかったし。


それにしても、今週はとても天気が良くて、春みたいなの。娘いわく「くー、私が外に出れないのをいいことに、


くやしいっ」 私も同感です。この前降った大雪も、だいぶ消えつつあるしね。9日間も仕事休んだことなんて、こ


こ何年もなかったから、どうしていいのか正直わからないです。二年前の創業塾の資料を引っ張り出してきて、


おさらいしているところですが。あー、やっぱり仕事したい。外に出たい。


そういいながら、窓から差す陽光がまぶしいよぉ。


目的のある休みなら、旅行や趣味やいろいろと計画はワンサカ浮かんでくるのに、そうではないこの状況は、


結構きつかったりします。こんなときに、自分が心から求めているものがわかったりするのかな。


自分では、サービス業やっていても、時々しんどくなって、一人になりたいと切望するときがあるけれど、それは


精一杯仕事をやっているからこそのことで、外界との接触もなく、人様とお会いすることもなく毎日が過ぎて行っ


たら、わたしはどうなっちゃうのかな、と思いました。


やはり私は、人が好きなんだろうな・・・・。組織で働く私の部分は、誰かがいくらでもフォローしてくれます。けれ


ど、もう一人のセラピストの私は、私しかいないのだな。どこまで、人のために役立てるんだろうか。


そんなことを考えながら、ちょっと修行しているような気分です。

素晴らしいお休みのはずが・・・

心がうきうきしていた午前中、


しかし一本の電話で、再び憂鬱気分に・・・。


娘の高校の 担任の先生から・・・。


普段こんな時間、家にいないのに、


ゴールデンウィークの在宅を狙って かけてきたのかな。


「高校の なんちゃら PTA活動の 委員を 引き受けていただきたいのです。」


うわーっ 出たーッ。


無記名で選出して、クラスから選ばれてしまうという、母親の役員。


初めての学校で、知人もいないし、適当に名前を書くのもなんだし、


担任に一任 に丸つけて、提出したのに。


自分が選ばれちゃうなんて・・・。


もちろん、長男の時も、娘のときも、幼稚園、小学校、中学と 声がかかれば


やりましたさ。いやいやだけど。逃れられないからね。


それこそ、専業主婦だった昔は、PTAの執行部という 副会長も やりましたよ。


でも、ものすごく 大変でした。


なにせ、会議は平日の朝から昼まで。


週一の割合で、出席しないといけない時もあり、


行事に熱心な学校だったこともあり、すべて 親が企画運営実行。


上に立った私は、それこそ「これは、会社経営かっ!?」とみまがうほどの


忙しさで、おまけに、批判や誹謗中傷、いやがらせなんかもありで、


ほんと、引き受け損だなと、思ったこともありました。


熱心な親御さんが多くて、ありとあらゆる時間帯に、電話がかかってくるし、


もう、ウチの旦那が 気の毒がってくれて


いろんなことに 協力サポート体制を 作ってくれましたっけ。


でも一番大変だったのは、ガン闘病中の義母を 看病しながらの


活動が、もう、大変な試練だったな。あんなに忙しくて、あんなに疲れて、


あんなにつらかった一年たら なかった。


そんなこんなで、


私は、


PTA活動に あまりいい 思い出が ありません。


ここ数年、奇跡的に 選出されることがなかったので、


このまま これで 終わるんだ・・と 


そんなことも 忘れていたのに。


まさか、


高校で、そんなことが 降ってくるなんて。


かなり固辞しました。「無理です。平日の集まりはまず 出られません。休みがとれないですし、


私の代わりに勤務してくれる人が いないのですから」


先生いわく「こんなこと言うのは、なんですが、名ばかりで いいんです」


このせりふ、昔も聞きました。


担任の先生は、PTA活動の大変さを 知らないんです。


親にまかせっきりだから。


まったく出てこない、委員なんて、批判の嵐にほおりこまれることなんて


知らないんです。


ほんとに、出られませんよ、と 念押しして、


「心からではありませんので」と 「不本意ですが」と


繰り返して、しぶしぶ、承諾しました。


もう、こういう 活動自体、平日に行ったりするのは、無理だと思うんですよね。


働く主婦がこんなに多い中、特に、ウチの県は、既婚女性の就業率が 高い県。


平日の真昼間から 長々 会議などできませんよ。


かといえば、土日は家族サービスがあるので、出られません・・・なんて


口実をいう人たちも 多いわけですし。


長年、こういう活動に 携わったからこそいえる。


できることなら、やりたくないこと。


これに、尽きるな。


しょうがない、これが 本音だから。


こんな性格だから、いろいろ 言われるんだろうな。


私がある部会の長のとき、例年行われるその行事が あまりに委員の負担が大きいので、


辞めることにしたとき、ほんと、これでもかというくらい、色々言われた。


・・「できないなら、〔部長なんて〕引き受けなきゃいいのに」・・


涙が出ましたね。


こっちは、病人抱えてても、無理やり引き受けさせられて、生活を犠牲にしてまで


活動してるのに、そんなことは おかまいなしに、いろいろいう ご婦人たち。


だから、女は 嫌いなんだよ!!


っていう、私も 女なんですが。


でも、痛快なことに、その翌年の その部の部長は


「ありがとうございました。仕事が減って、負担が軽くなりました。・・・さんの おかげです」


なんて、役目終わってからお礼言われても・・・って 感じでしたが。


ただね、全学年の子供たちが、学校で廊下で、さまざまな場所で会うたびに、


「・・・ちゃんのおかあさーん!!おはようございまーす。いつも ごくろうさまでーす!

今日はなんの おしごと なんですかぁ?」とか


私が顔や名前や、学年も知らない お子さんたちが


何かにつけ、声をかけてくれるんです。


それに、わが子たちも・・・。


「おかあさん、今日も学校来てるの?・・・・ちゃんが 教えてくれたから 来たよ。


大変だね、頑張ってね」と、休み時間に わざわざ 会議室まで 顔見せに来てくれたり。


もう、それだけで、頑張ろうという 気持ちになっていたのですよね。



苦しみ辛さもあったけど、その分、子供たちやみんなの 笑顔が あったから、


まあ、プラスマイナス ゼロ っていう 感じです。


はーっ、言いたいこと書いて、すっきりした。


同じことが 降ってくることは 意味があるのかな。


何だか最近、同じようなことばかり 起きているし。


ミッション・インポッシブルだと 思っていても


乗り越えることで 何かが見えるのかな・・。



ま、気楽に行こうっと。


どうにかなるでしょう。


もう、10年経つんだからね。


そろそろ、神様も「学べ」と 指令を出したのかもしれないし。


またまた「家族のため」に 動く私が 必要なのかな。

過剰反応するとき

苦手だな、と思う人は

私の場合、共通している。

『毒舌な人』

『容姿に対して、自信たっぷりに見える人』

『上から目線の人』


年齢が自分より上でも下でも

一度「いやだー」と 張り付くと、

その人にレッテルを貼ってる 自分がいる。


自分の精神状態が、不安定な時に限って

そのタイプと 遭遇するあせる


今日もそうだった。

今日もまた カチンむかっと来る一言を 何回も浴びた。


一生懸命客観視してみる目

その人の指摘していること、確かに正しい。間違ってはいない。

だから、心の奥のほうで 響くのだ。

゛本音゛ってやつ。

゛図星゛とも言う。


でも、徹底的に 何かが違う。

そう、『愛』がない。

『心』がない。

その人のためではなく、自分の価値観で 相手を支配しようとしている。


そういう相手に対しては、昔から 反発、もしくは 相容れなかった。

もう、いい大人なので、闘ったり争ったりは さすがにしないが、

「そんなもんかなあ」と

流してしまう。

大抵そういう人は、

「そんなものですよ!!絶対メラメラ」と やたら 挑戦的。


多分だけど、そういう人って 孤独なんだろうな、と思う。

誰だって嫌われたくないし、友達に囲まれて 楽しくいたいと思う。

でも、そういう発言をする傾向があれば、

友人は少ないだろう汗

本人は、親切心からなのか、自分の判断に絶大な自信が あるからなのか。


そういう人は、やたら 人をじーっと 見ている。

その視線が背中越しに わかる。

『何か失敗したら、私が指摘してやろうドクロ』的な エネルギーを発しているから。


気にならない時は、気にならないけど、

でもこういう人を バンパイアって 言うのかなぁガーン


一緒にいると、疲れる人のことは 

さらりと 流してしまうことが 一番なんだろうなDASH!

本当の自分って

このごろ、どん詰まりです。


自信が揺らいでいて・・・ダウン


いや、もともと 自信なんて ないんだけど。


ほんと、周りから見られている自分と 自分がわかっている自分とは


ギャップが 大きすぎる叫び


数秘術でいくと、私のエンジェルナンバーは 『1』 リーダーの 数字なのです。


それがまったく 信じられない!!


確かに昔から リーダーや 代表に選ばれることは 多かったけど


それは 不運なことで 決して自分が 望んだことではないと 思い続けてきた


だから、「しっかりしている」とか 『任せて安心」とか 「あなたなら 大丈夫」とか


言われることに ほんと うんざりカゼ


だったのです。ほんとは。


与えられた役目を 演じることで、 単に慣れてしまっただけで


自分がやりたくて 果たしてきた ミッションではないのだ・・・と 思っていた


そして、今も 勤め先では 常にトップで いることを 求められている現状。


ああ もう 本当に いやだーーーーーーーーーーーパンチ!


逃げ場がなくて、しんどくて、気が抜けなくて・・・。


人の相談や悩み事に つきあっている暇がないくらい 本当は自分が 追い詰められているのに。


わたしって 何者なの!?


何のために、生きているの?何のミッションを請け負って この世に生かされてるのはてなマーク


心が疲れると、つい スピ系へ 走りそうになる・・・。


何も考えず ぼーっとしていたい・・・。


私の心からの 願望ですあせる




プロフィール

HN:
田中ルリ子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1964/10/16
職業:
アロマアドバイザー
趣味:
ドライブ、カフェめぐり、散歩、美術館めぐり
セラピスト歴15年。嗅覚反応分析士インストラクター。アロマショップスタッフをしながら、東京・横浜・福井を拠点に活動しています。

管理人よりご挨拶

北陸・福井市在住。アロマが生業のフリーランス。ニュートラル思考で生きる毎日をつらつら綴っています。

LAPISのツイッター

日々のどうでもいいつぶやきあり。

アーカイブ

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

フリーエリア

Copyright ©  -- LAPISのニュートラルライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /