忍者ブログ

LAPISのニュートラルライフ

ニュートラル思考・美的感覚・自由発想。 小さなことにおもしろさを。深刻さは笑い飛ばす。 こだわらないことがこだわりの、変人目線的自己満足ブログ。

素晴らしいお休みのはずが・・・

心がうきうきしていた午前中、


しかし一本の電話で、再び憂鬱気分に・・・。


娘の高校の 担任の先生から・・・。


普段こんな時間、家にいないのに、


ゴールデンウィークの在宅を狙って かけてきたのかな。


「高校の なんちゃら PTA活動の 委員を 引き受けていただきたいのです。」


うわーっ 出たーッ。


無記名で選出して、クラスから選ばれてしまうという、母親の役員。


初めての学校で、知人もいないし、適当に名前を書くのもなんだし、


担任に一任 に丸つけて、提出したのに。


自分が選ばれちゃうなんて・・・。


もちろん、長男の時も、娘のときも、幼稚園、小学校、中学と 声がかかれば


やりましたさ。いやいやだけど。逃れられないからね。


それこそ、専業主婦だった昔は、PTAの執行部という 副会長も やりましたよ。


でも、ものすごく 大変でした。


なにせ、会議は平日の朝から昼まで。


週一の割合で、出席しないといけない時もあり、


行事に熱心な学校だったこともあり、すべて 親が企画運営実行。


上に立った私は、それこそ「これは、会社経営かっ!?」とみまがうほどの


忙しさで、おまけに、批判や誹謗中傷、いやがらせなんかもありで、


ほんと、引き受け損だなと、思ったこともありました。


熱心な親御さんが多くて、ありとあらゆる時間帯に、電話がかかってくるし、


もう、ウチの旦那が 気の毒がってくれて


いろんなことに 協力サポート体制を 作ってくれましたっけ。


でも一番大変だったのは、ガン闘病中の義母を 看病しながらの


活動が、もう、大変な試練だったな。あんなに忙しくて、あんなに疲れて、


あんなにつらかった一年たら なかった。


そんなこんなで、


私は、


PTA活動に あまりいい 思い出が ありません。


ここ数年、奇跡的に 選出されることがなかったので、


このまま これで 終わるんだ・・と 


そんなことも 忘れていたのに。


まさか、


高校で、そんなことが 降ってくるなんて。


かなり固辞しました。「無理です。平日の集まりはまず 出られません。休みがとれないですし、


私の代わりに勤務してくれる人が いないのですから」


先生いわく「こんなこと言うのは、なんですが、名ばかりで いいんです」


このせりふ、昔も聞きました。


担任の先生は、PTA活動の大変さを 知らないんです。


親にまかせっきりだから。


まったく出てこない、委員なんて、批判の嵐にほおりこまれることなんて


知らないんです。


ほんとに、出られませんよ、と 念押しして、


「心からではありませんので」と 「不本意ですが」と


繰り返して、しぶしぶ、承諾しました。


もう、こういう 活動自体、平日に行ったりするのは、無理だと思うんですよね。


働く主婦がこんなに多い中、特に、ウチの県は、既婚女性の就業率が 高い県。


平日の真昼間から 長々 会議などできませんよ。


かといえば、土日は家族サービスがあるので、出られません・・・なんて


口実をいう人たちも 多いわけですし。


長年、こういう活動に 携わったからこそいえる。


できることなら、やりたくないこと。


これに、尽きるな。


しょうがない、これが 本音だから。


こんな性格だから、いろいろ 言われるんだろうな。


私がある部会の長のとき、例年行われるその行事が あまりに委員の負担が大きいので、


辞めることにしたとき、ほんと、これでもかというくらい、色々言われた。


・・「できないなら、〔部長なんて〕引き受けなきゃいいのに」・・


涙が出ましたね。


こっちは、病人抱えてても、無理やり引き受けさせられて、生活を犠牲にしてまで


活動してるのに、そんなことは おかまいなしに、いろいろいう ご婦人たち。


だから、女は 嫌いなんだよ!!


っていう、私も 女なんですが。


でも、痛快なことに、その翌年の その部の部長は


「ありがとうございました。仕事が減って、負担が軽くなりました。・・・さんの おかげです」


なんて、役目終わってからお礼言われても・・・って 感じでしたが。


ただね、全学年の子供たちが、学校で廊下で、さまざまな場所で会うたびに、


「・・・ちゃんのおかあさーん!!おはようございまーす。いつも ごくろうさまでーす!

今日はなんの おしごと なんですかぁ?」とか


私が顔や名前や、学年も知らない お子さんたちが


何かにつけ、声をかけてくれるんです。


それに、わが子たちも・・・。


「おかあさん、今日も学校来てるの?・・・・ちゃんが 教えてくれたから 来たよ。


大変だね、頑張ってね」と、休み時間に わざわざ 会議室まで 顔見せに来てくれたり。


もう、それだけで、頑張ろうという 気持ちになっていたのですよね。



苦しみ辛さもあったけど、その分、子供たちやみんなの 笑顔が あったから、


まあ、プラスマイナス ゼロ っていう 感じです。


はーっ、言いたいこと書いて、すっきりした。


同じことが 降ってくることは 意味があるのかな。


何だか最近、同じようなことばかり 起きているし。


ミッション・インポッシブルだと 思っていても


乗り越えることで 何かが見えるのかな・・。



ま、気楽に行こうっと。


どうにかなるでしょう。


もう、10年経つんだからね。


そろそろ、神様も「学べ」と 指令を出したのかもしれないし。


またまた「家族のため」に 動く私が 必要なのかな。

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

一般社団法人サードメディスン・プロジェクト認定サロンです。
HN:
田中ルリ子
年齢:
53
性別:
女性
誕生日:
1964/10/16
職業:
アロマアドバイザー
趣味:
ドライブ、カフェめぐり、散歩、美術館めぐり
自己紹介:
サードメディスン・プロジェクト
セラピスト歴12年。母校スクールリフレクソロジスト養成非常勤講師、併設院内サロンやエステサロン勤務を経て現在フリーランス。自宅サロン運営&アロマショップスタッフをしています。

管理人よりご挨拶

北陸・福井市在住。アロマが生業のフリーランス。ニュートラル思考で生きる毎日をつらつら綴っています。

LAPISのツイッター

日々のどうでもいいつぶやきあり。

アーカイブ

LAPISのInstagram

暮らしのヒトコマ
Instagram

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

フリーエリア

Copyright ©  -- LAPISのニュートラルライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]